実際に生理が変化した流れ

体質改善

今日は私が実際に生理が変化してきた流れを時系列でお伝えします。

元々が病名はついていませんが、酷い生理痛持ちだった私が、

結果的に薬を飲まなくても過ごせるようになり、動けない日は量が多い一日くらいになった流れです。

 

元々の状態

以前のブログにも紹介しましたが、

 

改めて以前がどんな状態だったかといいますと、

  • お腹が痛すぎて保健室まで歩いていけない
  • 休みの日は朝からお風呂に入って一日ふとんの中
  • 生理予定日は予定を入れられない
  • カバンの中に常に鎮痛剤
  • 血の巡りが悪かったのか、生理の時にご飯を食べた後は手が震える(多分、胃に血液がいって血が足りなかったから?)

  

良く乗り越えてきたな。と以前の私に拍手をしたいくらい。

当時の対策としては、鎮痛剤を飲む、体を温める、なるべく早寝早起きをする。でした。

 

体を変えてから

結婚して数年し、MLMの会社に出会い、あるものを飲み始めてから生理の様子も変化してきました。

①まず、肌が変わり~

②腸内環境が良くなり~

③夏に大量の汗をかくくらい血の巡りが良くなり~

④冬にあかぎれと しもやけにならなくなり~

⑤体が全般的に良くなってきた体感を感じる

 

しかし!!

ここまで体が変化したのに、生理の時は少しは良くなってきましたが度々寝込むくらいでした。。

こんなに変化したのに、一番の目的の生理痛があまり良くならないなんて!

後から分かったことですが、やっぱり生殖器は後回し。

命に関わることが最優先なので、良くなるのは最後なのかもしれないですね。

 

体を温める

友人に紹介してもらって、サンドバスというものに通うようになりました。

私にとっては高額の一回5000円!

毎回躊躇する金額でしたが、入るととっても体が軽くなり、少し風邪気味だったときなんて 入ったら帰りには良くなっていたくらい。

かなりのデトックス効果と 体を温める効果があるようです。

残念ながら、もうそのサンドバスのお店は閉店してしまってもう行けないのですが、

そこのスタッフの方が過去に子宮癌を経験していた方がお一人いらっしゃいました。

その方はすっかり回復されて、生理痛ももう無いとのこと!

鼻息荒く、どのような対処をして回復したのか聞いてみました。

 

その方の対処方法は次のブログにて!

ではでは、また♪読んでいただきありがとうございます♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました